ここだけの話

~芸能、スポーツ、エンタメなどあなたの気になるニュースをお届けします~

千代の富士(九重親方)の死因はがんの転移。治療により激やせ[画像]

      2016/08/01

 

元横綱千代の富士こと九重親方(本名・秋元貢)さんがで7月31日に亡くなられたそうです。

 

まだ61歳という若さで・・・

早すぎますね。

 

2015年の名古屋場所の期間に膵臓(すいぞう)がんの手術をして、闘病中というのは伺ってましたが・・・

 

突然の訃報にただただびっくりしています。

 

非常に残念です。

 

スポンサードリンク

 

死因はがんの転移によるもの?

 

昭和の大横綱千代の富士

 

現役時代には「ウルフ」の愛称で親しまれ、優勝回数31回、通算1045勝

 

国民栄誉賞に輝くなど、自分が子供の頃に相撲と言えば千代の富士というほど本当に強い横綱でした。

 

貴乃花に破れ、引退を決意した一番は、多くの方の記憶に残っているのではないでしょうか?

 

引退後は九重親方として後進の指導にあたっていましたが、2015年に膵臓(すいぞう)がんが発見され、6月の名古屋場所の期間にこの手術をして、以後闘病生活を続けられていたそうです。

 

当初は初期のすい臓がんといわれ、手術後は抗がん剤治療は行わず、放射線治療に取り組んでいると報じられていました。

 

最近ではがんの転移が見つかったと報じられていました。

 

直接的な死因については発表されていませんが、すい臓がんによるがんの転移による可能性が高いと推測できます。

 

スポンサードリンク

 

すい臓がん手術により激やせ[画像]

 

2015年6月に手術をし約1ヶ月の入院後、翌7月には退院されたそうですが、手術直後には体重が13㎏減ってしまったそうです。

 

そのためネット上では激やせが騒がれていました。

 

その画像がこちら!

 

ClzKFXpUgAALPRF

 

確かに現役の頃のような力強い印象ではないですが、激やせと言われるほどやせ細っているという感じでもないですね。

 

そして、最近の画像はないかと探したところ娘の秋元梢さんが今年の6月1日にツイッターに公開した画像がありました。

 

それがこちらの画像

 

 

Cj3TD8RUUAIyAlD

 

これを見る限りでは激やせというような印象は受けませんよね?

 

手術直後は13㎏体重が減ってしまったようですが、ある程度体重は元に戻っていたようです。

 

写真を見る限りでは体調も良さそうなんですが・・・

 

娘の秋元梢さんは7月19日に報道陣の前に姿を現しています。

 

報道陣からお父さんの病気についての質問に対しては終始、無言だったようです。

 

その態度から九重親方の容態が心配されましたが、おそらく今月に入ってから容態が芳しくない状態が続いていたのではないでしょうか?

 

 

関取はその激しい稽古や取り組み、体格のせいもあるのか、あまり長生きされる方がいないと聞きます。

 

それでも61歳という年齢で亡くなるのは早すぎます。

 

※追記

 

秋元梢さんがツイッターを更新し、九重親方が膵癌(すいがん)で亡くなったこと、最期は家族に見守られながら苦しまずに息を引き取ったことを報告されました。

 

膵癌(すいがん)は消化器系のがんの中でも最も予後不良のがんで、日本の男性のがんにおける死因の第5位のようです。

 

予後不良の原因としては、

 

・早期発見が難しいこと

・2cm以下の小さながんであっても極めて悪性度が高いこと

・すぐに周囲の血管・胆のう・神経・リンパ節への転移や肝臓への遠隔転移を伴うこと

 

などが挙げられるようです。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク

 

 

 - スポーツ